Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kngport.blog44.fc2.com/tb.php/81-78cf57ce

-件のトラックバック

-件のコメント

[C107] 音楽漬け。

3日目も見に来ました☆
3日目も楽しかったみたいですね~。
音楽漬けの1年って、すごい楽しいですよね。
幕張でも、ユニコーンの復活の宣伝隊が出てました。
ガイシホールの抽選に申し込んだので、当たるといいな~(-人-)
年越しを音楽と一緒に過ごせた年は、いい一年になりそうな気がします。
よい一年になるといいですね。
  • 2009-01-23
  • サチ
  • URL
  • 編集

[C108] Re: 音楽漬け。

>サチさん
コメントありがとうございます!
ユニコーンの先行抽選予約、何度か複数公演申し込んでるんですが、
見事に全滅しています(涙)
凄い倍率みたいですねー。
サチさんは当たりましたか?

年越しを音楽を聴いて過ごせるのはいいですよね~。
今年は楽しみな新譜がたくさんあるので、今から期待が高まってます!

  • 2009-01-25
  • kngwayof
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

COUNTDOWN JAPAN WEST 3日目

the telephones
ここのところ、巷やメディアで大盛り上がりのこのバンド。今回初めて観ましたが、噂どおり面白いライブでした。
バンドサウンドなのである程度有機的なんだけど打ち込みも思いっきりブレンドしたバッキバキなサウンドに、テンション高いシャウトが心地いいボーカルが突っ走り、シンセ担当のメンバーが奇妙なダンスを踊りまくる、というカオティックなステージング。
ごちゃごちゃとしているはずなのにすっきりと観やすく感じるのは、楽曲内の緩急やメロディがはっきりとした輪郭を持っているからだろう。
テンション高すぎな前半の楽曲より、柔らかだったり熱かったりと色んな面も見られた中盤から後半の楽曲がなかなかいい感じでした。
すでに人気高そうだけど、さらに人気出そうだなー。

TRICERATOPS
SPACE GROOVE Ⅰで緩やかに幕を開けてFUTURE FOLDERGROOVE WALKGOING TO THE MOONで、怒涛の盛り上がり。グルーヴ感たっぷりの上質なロックンロールがこれでもかと放射され、のっけから最高潮。
中盤の聴かせどころではバラードを静かに聴かせるかと思いきや、MILK&SUGARで緩やかながらタイトにソリッドに腰を揺らす。
そして、後半のド頭で必殺のアンセムRaspberryのイントロが鳴り響くと、フロアの熱は一気に最高沸点へ!さらに鉄板のトランスフォーマーへなだれ込み、ラストはこれも最強のロケットに乗って
もうこれ以上なく最高の楽曲、最高の流れ、圧巻のライブだった。
と言いつつも「僕らの一歩」も「LOONY'S ANTHEM」も「WARP」も「Fever」も「赤いゴーカート」も聴きたかった!と言えてしまうのは、彼らの楽曲がいかに粒揃いかということの証明でもあるわけで。
トライセラは今また素晴らしくいい季節を迎えていると思う。最新作「MADE IN LOVE」はここ最近の作品の中では圧倒的に王道的でありつつ新しい実験も大胆に盛り込まれた充実作だし、超ポップでありつつメッセージ性が濃いコンセプトアルバムでもあるという素晴らしいバランスを持った作品でもあったし。
「MADE IN LOVE」のタームも終わって、このバンドが次にどんな方向へと進むのか、非常に楽しみです。

Superfly
昨年の大出世組という意味では筆頭に上がるだろうこの人。小さな体から放射されるパワフルで伸びやかな歌声は生で聴くとやっぱり大迫力。
ビンテージなロックサウンドに乗って軽やかに力強く歌い踊るステージングはデビュー間もないとは思えないクオリティ。
アップテンポなHow Do I Survive?Hi-Fiveが個人的には好きですが、さすがに大ヒットしたバラード愛をこめて花束をはみんなの歌的な王道感をすでに持っていて、素晴らしかったです。

GOING UNDER GROUND
ステージに登場した松本素生にまず目を見張ってしまう。イギリスの国旗かのようなデザインのド派手なジャケットを身にまとい、短髪の黒髪をぴっちりとセット。観ていると思わず笑みが浮かんでしまう卑怯な出オチである。
「今日の俺を見てくいだおれ太郎だと思った奴、後で楽屋に来い。一人ずつ引っぱたくから」
というMCが駄目押しして、会場大爆笑。
グラフティーから続いて始まったのはセンチメントエキスプレス!フェスの場で聴ける曲だとは思っていなかったので、嬉しい。
さらにはTRAIN、そしてアンプの上にマイクスタンドを立ててのMy Treasureと前半はとにかく勢いのあるアップチューンで息をつく暇もない盛り上がり。
ここで一旦落ち着くのかと思いきや、ここでさらにHoliday!そしてTWISTER、さらにはトワイライトと一気に後半まで最高ギアで突っ走る。
そしてラストは未発表の新曲一緒に帰ろう。迫力あるバンドサウンドに切なく爆発する想いを乗せた胸を焦がすミディアムチューン。すでにライブで何回か聴いているけれど、即効性のある強い1曲だと思う。
ここ最近のGOINGライブの中でも特に出色の凄いライブだった。反則技の松本素生のいでたちも含めて、バンドのテンションたるや凄まじく高く、しかもこれだけ畳掛け捲るセットリストとくれば、これがバンドが好調な証でなくてなんだと言うのか、という感じ。一緒に帰ろうや世界の真ん中といった次のアルバムに入るであろう新曲も素晴らしいし、今年のGOINGは凄いことになっていきそうで、楽しみだ。

tacica
GOING後、しばらく食事休憩などを取ったあと、こちらのバンドを観ました。初見。
ボーカルの歌声がBUMPの藤原くんにそっくり!というのが一番の印象。楽曲はしっかりとしたメロディのある歌モノとして強いものばかり。
1曲1曲噛みしめて演奏し、MCは言葉少なくつぶやくように話す感じもなんとなくBUMP的な系譜を感じさせる。
楽曲も演奏も歌も、全体的なクオリティはよさげだし、今回観た限りは特に印象深くはなかったけれど、今後凄い1曲が産まれれば一気にハマってしまうような気もする、、なかなかよいバンドでした。

サンボマスター
少し前までは荒くれすぎてカオス度ばかりが高まっているように感じられて、ちょっとひいてしまっていたこのバンドのライブですが、今回はポップなセットリストやタイトにまとめたMC、そしてとにかくフェスのお祭感を最大限に盛り上げてやろうというバンドの解放的なサービス精神が炸裂しまくっていて、素晴らしいライブでした。
会場最後方までびっしり埋まり、しかも後ろの方までぐちゃぐちゃに踊り狂うような熱狂を産めるのは、このバンド以外で日本にあとどれだけいるだろう。しばらくそのポジションからちょっと外れようとしている感じがあったけれど、彼らはちゃんと戻ってきた。
美しき人間の日々光のロック世界はそれを愛と呼ぶんだぜなどなど、それ以外もリスナーが聴きたい曲をガツンガツンとかましてくれた、大きなものを背負ったバンドの素晴らしいライブだった。

SPECIAL OTHERS
ほぼ観られないかと思いながらサンボ終わりで向かいましたが、サンボが早めに終わったのか、こちらが遅れ気味だったのか、後半3,4曲聴けました。
曲構成が結構複雑だったりするのに、彼らの楽曲はなぜかとても心地よく聴ける。
あんまり曲は知らないんですが、AIMSはやっぱり最高。

KREVA
もうライブ前から期待感がフロア一体にひしめいて凄いことになっているなか、ステージにはバンドセットが次々に準備されていく。
ちょうど、このフェスに来る直前にKREVAのMTVアンプラグドのDVDを観ていた自分としては、もう嬉しすぎてしょうがない。あのライブを観れば今後のKREVAはこれしかないだろう、と思いつつ、あの大所帯バンドがまた集結するのは難しいのかな、という不安もあったため、本当に嬉しかった。
そして定刻となり、ステージにはサカイユウが登場!そしてMTVと同じ演出でくればいいのにに乗せてKREVA、そして竹内朋康を含むバンドメンバーが登場!
モダンかつ攻撃的な大所帯のバンドサウンド、その上で自在にフローするKREVAのラップ。聴いているだけで、ゾクゾクと鳥肌が立つほど心地よくも、衝撃的な音楽空間に眩暈がしそうになる。
しかもどちらかというと上品に攻めたMTVアンプラグドとは違い、こちらは最初からストロングスタイルTHE SHOWと獰猛に攻めまくる展開。素晴らしすぎる。
耳馴染んだ楽曲たちもこのバンドにアレンジされるとまた新鮮に甦り、KREVAのラップもまた新たな力を得たように威力を増していく。
もともと情感豊かなKREVA楽曲が、これが本来の姿じゃないかと思ってしまうほどしっくりくる迫力のバンドサウンドで生まれ変わっていくその光景は、音楽の表現の無限の可能性を提示してくれているように思える。
年越し前の1曲はあかさたなはまやらわをん、そして年明け一発目は配信限定の新曲成功!どちらもシンプルで分かりやすい言葉で、まっすぐなメッセージをリスナーにぶつける裸で正しい名曲。
ラストの1曲は、希望の炎。音楽家KREVAがバンドとともにまた新しいステージに立った伝説的なライブのラストにふさわしい感動的な1曲でライブは終了。
最高のカウントダウンライブだった。


といった感じの音楽の楽園で過ごした3日間でした。
そしてKREVAのカウントダウンライブの感動も冷めやらぬなか、帰途につこうと会場を出たところで「ユニコーンが復活します!いま、携帯をかざすだけで彼らからのコメント映像が観られます!」と叫ぶ宣伝隊に出くわしたのでした。
2009年はそうして始まってしまったのだから、また音楽漬けの1年になるのでしょう。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kngport.blog44.fc2.com/tb.php/81-78cf57ce

0件のトラックバック

2件のコメント

[C107] 音楽漬け。

3日目も見に来ました☆
3日目も楽しかったみたいですね~。
音楽漬けの1年って、すごい楽しいですよね。
幕張でも、ユニコーンの復活の宣伝隊が出てました。
ガイシホールの抽選に申し込んだので、当たるといいな~(-人-)
年越しを音楽と一緒に過ごせた年は、いい一年になりそうな気がします。
よい一年になるといいですね。
  • 2009-01-23
  • サチ
  • URL
  • 編集

[C108] Re: 音楽漬け。

>サチさん
コメントありがとうございます!
ユニコーンの先行抽選予約、何度か複数公演申し込んでるんですが、
見事に全滅しています(涙)
凄い倍率みたいですねー。
サチさんは当たりましたか?

年越しを音楽を聴いて過ごせるのはいいですよね~。
今年は楽しみな新譜がたくさんあるので、今から期待が高まってます!

  • 2009-01-25
  • kngwayof
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kngwayof

Author:kngwayof
名前:わぁ
所在:名古屋
性別:男
20071111ブログ始めました。
(冷し中華ばりに)
ツイッターやってます↓
http://twitter.com/kngordinaries

アクセス数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。