Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kngport.blog44.fc2.com/tb.php/77-38c3067d

-件のトラックバック

-件のコメント

[C102] はじめまして

はじめまして。
WESTに3日間参戦だったなんて、うらやましいです。
私は幕張に31日だけ参戦してきました。
チャットの風吹けば恋は名曲だと思います。
2日目以降のライブレポも楽しみにしてます。
  • 2009-01-09
  • サチ
  • URL
  • 編集

[C103] サチさん、はじめまして

風吹けば恋、やっぱり名曲ですよね!
始まったばかりの恋する気持ちの高まりがめちゃくちゃリアルに
表現されてて、特にサビのあたりのエモーショナルな展開には
聴くたびに鳥肌がたちます。
ライブレポ、この3連休で全部やりきりたい、と思ってはいます(汗)ので、
もし書き切れたらぜひぜひ読んでください♪
  • 2009-01-10
  • kngwayof
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

COUNTDOWN JAPAN WEST 1日目

年末のこの時期を音楽の楽園で過ごすことが習慣化して、早何年だろう。
昨年(一昨年?)に引き続いて今回もWESTに3日間参加してきました!

チラ見も含めると観たアクトが膨大な数になるので、できるだけさらっと感想を書いておくことにします。

Perfume
何はなくともジャンルの壁をぶっ飛ばして音楽シーンの一大ムーブメントとなったこのグループ。
昨夏のROCK IN JAPANのレイクステージは人が溢れすぎててほぼ観られなかったので、とても楽しみにしていたアクト。
プラネットステージもかなりギッチギチでしたが、それでも今回はちゃんとステージが観られました。
会場は最前ゾーンを中心にかなり熱が高まっている感じで大盛り上がり。
ライブは2,3曲くらいずつ披露して、メンバーの天然なMC(かなり長め)を挟む構成。時代を掴んだバッキバキテクノな中田ヤスタカサウンドとアイドルグループとしての人間的魅力が両方味わえるというバランスのいいかたちだったとは思うのですが、個人的には曲間もリズムトラックは止めずに4,5曲ガシガシ繋いでいって、会場をダンスフロア化して欲しかったです。単独ライブならこの構成もありだと思うけど、ロックフェスではもう少し機能的な音楽重視のライブ構成がPerfumeには望まれていると思うのだけど、どうか。
しかしPuppy loveはやっぱり名曲!

くるり
1曲目の途中で会場に到着。いきなり聞き覚えのない曲で驚いたけど、今回はなんとセットリストの半分が未発表の新曲。
岸田氏のテンガロンハットが凛々しい。
新曲はどちらかというとゆったりしたリズムが多く、穏やかで美しいメロディのポップスやビンテージなブルースっぽい曲など、渋めだけどじんわりと心に響く、最もくるりの良質で上質な素の部分をすくい取ったような素晴らしいものでした。爆発してたり実験してたり、極端なベクトルに振れているくるりもいいけど、やっぱりど真ん中の直球は心地いい。次のくるりの新作は確実にいい作品になるだろうなー。
というか、さよならリグレットはやっぱり素晴らしくよい曲でした。なんか泣ける。
ラストのHOW TO GOも超グルーヴィ!新しい3ピース体制でしたが、それも十分板について、自由自在に音が鳴らせている印象。いつ観ても、すごいぞ、くるり。

フジファブリック
1曲目からというのは反則ではなかろうか。そしてダンス2000TAIFUと定番ではあるのだけど、鉄板の楽曲でどんどんフロアの熱を上げていく。定番曲ばかりなのに新鮮なのは、バンドのテンションが前のめりに高いからだろう。このバンドにはいつも緊張感が漲っているように感じる。
いつも思うけれど、不思議なバンドだ。
リリースペースゆったりだし、決定的な代表曲もなさげなのに、フェスの場で圧倒的に支持されてるし、ライブパフォーマンスも堂々としていて全く隙がない。
あと今回観て改めて思ったのが、その独自なアレンジ。志村くんの楽曲の世界がまず強固にあって、さらに各パートのアイデアが独得な凄味があるんだろう。このバンドでしか味わえないとても独創的な世界が確かにある。もう才能としかいいようがない。
今後も若手バンド(すでに中堅かな?)の代表格としてシーンを引っ張っていってほしいところ。

真心ブラザーズ
何度かフェスの場で観られる機会があったのだけど、タイムテーブルの関係で観られず、ちゃんと観ることができたのは今回が初。
ベスト盤くらいしか聴いたことがないのだけど、まずはYO-KINGのあの歌声が響き渡るだけで感動してしまう。前半、拝啓、ジョンレノンで鳥肌。
桜井くんがボーカルをとる「桜井祭り」なるパートの人を食ったような軽妙な演出も真心なら全然許せてしまう。その遊び心がまた一つのメッセージ足りえるからだ。
後半開始早々のスピードの恐ろしいまでのかっこよさ、空に舞い上がれの問答無用のポップに痺れました。初真心、最高でした。

PUFFY
フェスで観るたびにその完璧なアゲアゲっぷりに磨きがかかっていくPUFFY。今回はその最新版にしてまた最高沸点を更新するライブだったと思います。
のっけから渚にまつわるエトセトラをやってしまってもその後にもいくらでも弾があるんだもんなー。
音楽的にもパンクよりでありつつ振れ幅広くて豊かだし、カバー曲と言って日曜日よりの使者をさらっと披露してしまうようなそのセンスがもう間違いない。
定番の大ヒット曲は抑えつつ、新しめの曲たちも徐々に浸透していっているし。
まだまだまだまだこのユニットは面白い。

電気グルーヴ
フェスでは、ワンマンに行かないまでもちょっとライブ観てみたいなぁ、と思うアーティストが観られるのが嬉しかったりするのだけど、電気に関しては僕がよく行くフェスでもなかなか出てこない存在なので、今回ある意味一番楽しみにしていました。
で、そのライブですが、想像してたよりもバッキバキでシャレオツなテクノライブでした。(こんな感じのPerfumeライブが観たかった) というか、ピエール瀧の課外活動の多彩さからもっと芸人的なパフォーマンスがあるのでは、と意味不明な期待を持っていたのが間違いだったわけですが。
瀧も卓球もテンション高く思いっきり楽しんでいる感じが伝わってくるし、サウンドは最高だし、めちゃくちゃアガりました。瀧のパフォーマンスも破天荒で気持ち良さそうで素晴らしかった。

奥田民生
4ピース体制MTR&Yの完成形をみたライブだったように思います。どこをとってもどこまでもかっこよすぎるし、タイトで緊張感があるのに余裕も感じさせるし、何よりもギターをギュインギュイン鳴らしながらも民生が弾けまくっていた。
爽快な名曲明日はどうだから享楽のパーティーチューン快楽ギター、そして伸びやかで暖かい最新曲SUNのSONという前半3曲だけでため息がでるほど完璧。中盤のワインのバカKYAISUIYOKUMASTERの、どう考えても「自分がやりたいからやる!」的セットリストも自由でいい。
後半久しぶりに聴けたトリッパーの名曲っぷりに改めて痺れました。
このライブの時点では正式発表前でしたが、Fantasticツアーのアゲインも、今回のこのライブ内容も、ユニコーン再結成の前のソロを総括する意味合いがあったんだろうと今になって思います。
プロデュース業もやり、GOZでやることをやりきり、ひとり股旅を広島市民球場でやり、いちからの新体制となったMTR&Yも完成形を見せ、その結晶となった名盤「Fantastic OT9」も誕生し、いい区切りでユニコーンを再結成したなぁというのが個人的な感想です。
なんだかんだいっても、民生は走り続けるなぁ。

チャットモンチー
このバンドもフェスの場でしか観ていないのですが、昨夏のROCK IN JAPANと比べても演奏が一段と素晴らしいことになっているのがひしひしと伝わる凄いライブでした。
昨年のシングル群もまた新しい扉を開いたような楽曲ばかりだし、どこまで伸びていくのか恐ろしくなるような万年成長期なバンドだと思います。
恋の煙恋愛スピリッツが印象的でした。あと個人的には本編ラストで鳴らされた風吹けば恋がチャット史上でみてもとんでもなく名曲だと思っているのですが、世の中的評価としてはどうなんだろう。
あ、あと個人的には、MCのまったりした内輪感を強調したノリが、ちょっと作為的な感じがして、馴染めないところがあります。

というような初日でありました。
読んでいただければ分かるとおり、どのライブも満足度高すぎ!お腹いっぱいでした。
そしてそんな日があと2日も続いたのだった。

(多分)2日目に続く・・・。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kngport.blog44.fc2.com/tb.php/77-38c3067d

0件のトラックバック

2件のコメント

[C102] はじめまして

はじめまして。
WESTに3日間参戦だったなんて、うらやましいです。
私は幕張に31日だけ参戦してきました。
チャットの風吹けば恋は名曲だと思います。
2日目以降のライブレポも楽しみにしてます。
  • 2009-01-09
  • サチ
  • URL
  • 編集

[C103] サチさん、はじめまして

風吹けば恋、やっぱり名曲ですよね!
始まったばかりの恋する気持ちの高まりがめちゃくちゃリアルに
表現されてて、特にサビのあたりのエモーショナルな展開には
聴くたびに鳥肌がたちます。
ライブレポ、この3連休で全部やりきりたい、と思ってはいます(汗)ので、
もし書き切れたらぜひぜひ読んでください♪
  • 2009-01-10
  • kngwayof
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kngwayof

Author:kngwayof
名前:わぁ
所在:名古屋
性別:男
20071111ブログ始めました。
(冷し中華ばりに)
ツイッターやってます↓
http://twitter.com/kngordinaries

アクセス数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。