Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kngport.blog44.fc2.com/tb.php/57-878e062d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

それでもボクはやってない

腹の底がズシンと重苦しい。頭の中が熱を持ってショートしてしまいそうだ。
正味143分、じわりじわりと緊張感を益していき、一瞬も退屈せずにむしろ後半は緊張状態で、真夏なのに寒気すら感じながら一気に観た。そこいらのホラーなんて目じゃない(ホラーの方が苦手だけど)。

「それでもボクはやってない」は、痴漢冤罪という題材を使って、日本の裁判制度とそれに内在する問題を克明に描き出した衝撃的な作品だ。

普通の20代男性が、電車内で痴漢の容疑をかけられ、無罪を主張し続ける。
その主人公や周りの環境等々の全てを、極めて一般的な設定としたうえでシミュレートすると、今の日本の裁判制度だと十中八九こうなりますね、という映画である。それだけである。
それがこんなにも恐ろしく、こんなにも残酷で、こんなにもやるせない。

本当の現実のやりきれなさがこんなにも怖い、ということは裏返せばそれだけ本当の現実を見ていないということでもある。
見えていないのか、見たくないのか。気付いていないのか、気付かぬふりをしているのか、気付かれないよう誰かが誤魔化しているのか。
自分や世界を自分だどれだけ見つめ直さないといけないかがわかってしまう。

いつだって、はっきりとした答えが出せない問題は、その当事者にならないかぎりは、素通りしていってしまう。
日本の裁判制度は明らかにおかしい。この映画の衝撃は、イコール大半の人が思い描く裁判のあるべき姿と現実との落差であり、それだけの落差があるということは現実が間違っているということだ。
誰もがあるべき姿に近づけていかなきゃいけないと思うと思う。
ではさて、それではそのためにまず何をどうすればいいか。それを考え始めよう・・・とも思わない。問題が大きすぎるし、その困難さは想像だけでも胸焼けがする。そしてそんな自分にも辟易する。
そしてかよわき小市民は思う、「とりあえず、自分は裁判制度のお世話にならないように気をつけて生活しよう」。

異様に政治的な話題に溢れるオリンピックと、この国自体が63年素通りし続けてる問題の起点でもある終戦を、強く意識させられる今日このごろ、少々夏バテ気味だったところを、この作品に思い切り喝を入れられました。
悲しくておかしい、素晴らしい作品。


それでもボクはやってない スタンダード・エディションそれでもボクはやってない スタンダード・エディション
(2007/08/10)
加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司

商品詳細を見る

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kngport.blog44.fc2.com/tb.php/57-878e062d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kngwayof

Author:kngwayof
名前:わぁ
所在:名古屋
性別:男
20071111ブログ始めました。
(冷し中華ばりに)
ツイッターやってます↓
http://twitter.com/kngordinaries

アクセス数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。