Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kngport.blog44.fc2.com/tb.php/140-78edf751

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アナログフィッシュ pre tour 2009 名古屋クラブクアトロ

いつの間にかこのライブから一週間経過してしまってましたが、軽く感想を残しておきます。

個人的に10×10×10以来のアナログフィッシュのライブ、つまり斉藤復活後2回目のライブ。
とはいえ、前回のライブ前にあったいろんな不安は今回は皆無でした。それだけ10×10×10の彼らは完璧だったし、斉藤のプレイも病みあがり感とか久々感がびっくりするほどゼロだったので。

名古屋クアトロは、開演30分後くらいに着いたときには、ぎょっとするほど観客少なめだったんですが、開演直前には6,7割は埋まってきて一安心。

開演時間を少し過ぎて会場の照明が落ちて、10×10×10のさかな道のエンディングとメインステージでのライブの出囃子ともなったNOWが流れ始める。
「二度とない今日 戻らない昨日」
というシンプルな2フレーズの繰り返しのなか、バックのサウンドがぐんぐんと熱を上げ、一旦音が消えてアカペラ状態になり、またぐわっと音があふれ出し、無限に広がっていく光をイメージさせるようなとんでもなく大きくてまばゆいサウンドスケープへ。
それに乗って、木村ひさしを含むメンバー4人がステージに登場!
途中の、音源から生演奏に切り替わるその瞬間のもの凄いカタルシスとゾクゾクするような爆発感がとんでもない。
「NOW」という名のこの超シンプルなのに超新鮮なこの一曲は、またこの布陣で音を鳴らせることへのバンドの歓びがあけすけにあらわされまくっているし、そしてその歓びが彼らの音楽をいい方向に前進させる力強いトルクになっていることまでがひしひしと伝わってくる。最高だ。
ここで初めて斉藤が復活した姿を観る観客も多かっただろうけれど、そんな人でもこの一曲目でいきなり不安の大部分が吹っ飛んだんじゃないでしょうか。そのぐらい圧倒的に歓びに満ちていてエネルギッシュで挑戦的。

続いてとびきり元気のいい斉藤のカウントから白黒ック! そして、LOW! さらにスピードと、ノリのいいわりと初期の楽曲たちを連発。
ほぼ10×10×10の斉藤復活最初のステージになったセンターステージのオープニングと同じ流れで、このツアーで全国の隅々までバンドの現在の全てを見せようとしているのだろうな、と思わせるセット。
心なしか斉藤のドラムがいつも以上に攻撃的な印象だった。もの凄いしなやかさと力強さが拮抗していて予測不能などしゃめしゃなグルーヴをたたき出すこの人のドラムだけど、今回は力強さのほうがちょっと全面に出ている感じ。復帰して、ワンマンでツアーして4公演目にきて普段以上に力強いって、斉藤、ありえないくらい完全復調してる。

MCを挟んでガールフレンドから平行、そしてTownへ。
この辺も10×10×10と同じ流れ。
もう、とにもかくにも平行は凄まじい。ピンと張り詰めたタイトな演奏と、どこまでも冷たく事実というかこの世界の理を連ねていくだけなのに、一節一節が心に染み入り、やがてほんのりとあたたかい感情を芽生えさせていくよう。この時代の空気というか、この時代を生きる僕らくらいの世代の空気をどれだけ全体性として表現できるか、みたいな完全な答えはありえない挑戦を繰り返している下岡の最新作にしてかなり到達点になる一曲だと思う。Townも素晴らしいし、リリース当時の到達点だったと思うけれど、今は平行が正解に近い。それは平行のほうがいい曲ってことじゃなくて、時間は絶えず流れていて、今のジャストな空気感はどちらかということかと。
イントロを比べれば分かりやすいけれど、閉塞感はやっぱり増していっているのだよなぁ。
といっても、キーボードの音色の選定と曲の軸にもなっているアレンジによって、どこか希望が見えるところに着地できているところがまた素晴らしい。木村さん、最高すぎ。

中盤にきて月の花バタフライ
ちょっとひさしぶりに聴いた気がする、月の花の濃いい歌謡テイストなメロディと見事な佐々木の歌唱はやっぱり素晴らしい。

「斉藤州一郎が戻ってきても、僕らはFish My Lifeのころの曲をもちろんずっとやっていくんだけど、その中からやります」
というような下岡MCからPARADOXへ。この曲のシンプルな展開とフレーズがドカーンと広がっていく構成はNOWに発展していったのかなと思っみたり。
そして佐々木の未発表曲にして久々にライブで披露されたReady Steady Go。なんとなく早口に青臭いことを喋り口調で語って、サビでメロディー、という展開は覚えていたけどうろ覚えだったので(サビメロは耳に残っていたけど)、かなり新鮮。
というか、2,3年前に1回聴いてそれから聴いてない曲とかわりとあるんだけど、こんな風に復活してくれることはどれくらいあるんだろうか幻の曲が多すぎ。
続いて
「僕も新曲やります」
という下岡MCからTomorrowというらしい新曲へ。これは下岡にしてはシンプルなギターロックでかなりポップテイスト。が、メロディはかなり下岡節。これはこのツアーが初披露なんだろうか。ちょっとROCK IS HARMONY期のポップさを感じさせる楽曲。

この辺のMCだったか、2月についにアルバムが出ることや(待望!)、京都磔磔公演についてなどを伝えてくれた。
そこかしこのMCパートで斉藤への暖かな拍手や声援があがっていたのが印象的。
「この俺らの今の状態というものを、全国の人に早く観てほしくて、このツアーをまわってきた」
という下岡MCもありました。ほんと一人でも多くの人にこのアナログフィッシュを観てほしい。Life Goes Onの歌詞じゃないけど、決してまっすぐではない道のりではあるけど、このバンドが昔からずっと、斉藤脱退中もずっと、前進し続けて、蛇行しながらもなんだかんだと転がりつづけて、今のこんな最強で最高な状態にあることが、観れば分かる。

後半戦はダンスホールでスタート。クアトロのミラーボールが回転し、一気にパーティーなムードへ。
そしてHelloClap your hands!とぐいぐいと盛り上げていく。
ラストはSayonara 90's、そしてLife Goes Onと、下岡の超ヘヴィな名曲連発でフロアを震撼させて終了。
Sayonara 90'sの天井知らずに熱を帯びていく演奏、そして奇しくもバンドの物語とも重なるような歌詞の一節一節が胸に響くLife Goes Onの温かい楽曲世界が素晴らしすぎでした。

アンコールでは、出てきたと思ったら斉藤が佐々木の背中をいたずらっ子のように叩きまくったり、下岡が小芝居を入れながら物販を紹介したりと、本編はわりと最低限で事前に整理していた伝えるべきことだけを簡潔にというMCだったので、そこから一転してとてもくだけた雰囲気に。
アンコールはアンセムBGMの鉄板の名曲たち。
アンセムで、佐々木が客席の合唱のようなものを、まったく的を得ない説明で観客にやらせようとしていて、その必死な姿が笑いを誘っていた。
BGMで観客のレスポンスを煽りまくる下岡にも数年前の彼と比べて隔世の感を感じたりしてました。


まあとにかく、このツアーにて斉藤復活とその状態を観客に伝える、という大きなタームが終わるんだろうと思います。観る前は、それプラス本人達的にもならし運転的要素があるのかと思っていたけど、もうそれは皆無だったようで、バンドはガンガン前に進んでいるように感じられました。
今回の、このバンドには珍しくベスト盤的な構成は、きっと「俺らもっとだいぶ新しくなってるんだけど、今回はこれをしっかり見せないといかんだろう」というところでやってくれたんじゃないかとすら邪推してしまう。

10×10×10の下岡MCでは、これまであまりなかったファンに対する気持ちや、自分のライブパフォーマンスへの思いに言及していたけれど、その辺の心持ちの変化は、今回のいろいろがあってこそ彼らの中に芽生えたものだし、それによってまた楽曲もパフォーマンスも変化していくんだろうと思います。

というか、次のアルバムときっとあるだろうそのツアーが楽しみすぎるんですけど!!
「Life Goes On」「平行」「ハローグッバイ」「Now」・・・ライブで披露済の曲だけでこれだけそろってるもんなぁ。まあ、「Fish My Life」のときのまさかの「Life Goes On」未収録のようなこともあるので、入ってほしい曲が全部入るとは限らないわけですが・・・とにかく楽しみに待ちたいです。

とにかく今のアナログフィッシュは凄いです。
少しでもこのバンドが気になる方は騙されたと思って1回ライブに足を運んでほしいと切に思います。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kngport.blog44.fc2.com/tb.php/140-78edf751

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kngwayof

Author:kngwayof
名前:わぁ
所在:名古屋
性別:男
20071111ブログ始めました。
(冷し中華ばりに)
ツイッターやってます↓
http://twitter.com/kngordinaries

アクセス数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。